世界のおもしろいCMを集めたサイトを紹介!

クリエイティブSites | 世界のおもしろいCMを集めたサイトを紹介! はコメントを受け付けていません。

日本のCMにもいいものは多くありますが、やっぱり世界にはクオリティの高いCMがあります。

日本のCMは基本的に15秒なので、クライアントの伝えたいことをその時間で言おうと思ったら、それだけで終わってしまうということもありますし、オシャレなジョーク的なのって民族的に欧米の方が得意なのかなとも思います。

このwebサイトは、webデザインもカッコいいのでwebデザイナーの方にも参考になるはずです。

Very Funny Ads

 

映画のwebサイトデザインを4つ!

クリエイティブSites | 映画のwebサイトデザインを4つ! はコメントを受け付けていません。

映画のキャンペーンサイトは、webデザインもflashを使ったカッコいいのが多いです。デザイナーさんや、webデザイナーさんでチェックしていない方は是非サイトを訪問してみてください。loadingの表示などディティールのこだわりは見物ですよ。

・少年メリケンサック
少年メリケンサック


・デトロイトメタルシティ(DMC)

デトロイトメタルシティ(DMC)


・ナイトメア・ビフォー・クリスマス

ナイトメア・ビフォー・クリスマス

・釣りキチ三平
釣りキチ三平

 

“Cam with me”で感動体験?

クリエイティブSites | “Cam with me”で感動体験? はコメントを受け付けていません。

「感動した!」「それほどでも・・」など、2,3日前位からweb上で議論を巻き起こしているsonyのキャンペーンサイト"Cam with me"。「POLAR BEAR BLOG」さんや「クリエイティブCHECK」さんでもサイトのレビューを書かれています。

簡単に言うと、1人の女性の赤ちゃんから大人になるまでをビデオカメラで撮影し、それを最後にダイジェストで見られるというコンテンツなのですが、個人的にはピンと来ませんでした。

それは、感動を誘うような作為が感じられたからだと思います。ぼくの偏った性格も作用しているのかも知れませんが、最後のスライドショーでBGMが流れてきた時には気恥ずかしさがたって、すぐにブラウザを閉じてしまいました。

しかし、自分自身が何と思おうと、ターゲットに訴求できれば成功というのは間違いなく、結果を求められるクリエイティブの世界はそれが最重要課題。一流のクリエイターは全てそれをうまく扱える人ではないでしょうか。

とにかく時間があるとき一度訪問してみてください。みなさんがどう感じられるのか気になります。

Cam with me

 

かっこいいwebデザイン(淡い色編)

クリエイティブSites | かっこいいwebデザイン(淡い色編) はコメントを受け付けていません。

最近「webデザイナー」というキーワードで、このサイトを訪問してくださる方が増えてきたので、個人的にデザインがカッコいいなと思ったwebサイトを紹介します。今回は全体的に淡い色のwebサイトを選んでみました。

 

AIR DO 北海道国際空港
角丸と、軸となるやさしい感じの青と黄色が上手くデザインに統一感を持たせています。クマのキャラクターもかわいいです。どこの会社がデザインしたのか気になります。

 

 

A123Systems
シンプルな企業ホームページですが、カラフルな色彩とインパクトのあるメインイメージで飽きさせないデザインになっています。左上のマウスオーバーすると動くロゴもシャレています。全部英語で何の会社かよく分かりません。。

 

 

YODIV
海外のデザイン会社のようです。トップページをスクロールしていくと3カラムになったり4カラムになったりと、国内のサイトではなかなか見られないデザインです。イラストもポップでいい感じです。トップページ下部は地面から土に変わります。そこも個人的に気に入ったポイントです。

 

 

※紹介したwebサイトは、ほとんど「デザインリンクデータベース」さんで見つけました。海外サイトのwebデザインがたくさんあるので、webデザイナーさんで訪れたことのない方はぜひ。

海外クリエイティブ系企業webサイト

クリエイティブSites | 海外クリエイティブ系企業webサイト はコメントを受け付けていません。

当サイトの「広告・web会社一覧」を更新するため、国内クリエイティブ系広告制作会社のwebサイトを見る機会が多いのですが、国内クリエイティブ系会社のwebサイトは、一部を除き画一的な印象を受けます。

原因は、日本的な企業サイトとしての信頼性をデザインに反映していたり、また単純にデザイン力の問題というところにあるのかも。

それに比べ海外の制作会社には日本にない思い切ったカッコいいデザインのwebサイトがたくさんあります。(イケてるwebデザインを紹介するサイトで見つけたのばかりだからかもしれませんが。。)

今回紹介する会社のサイトは、デザインリンクデータベースさんで見つけました。そこでは、"CGアニメーションのCMやら商業用のイラスト、もちろんWebデザインもこなすスタジオのサイト"と説明されています。

webデザイナーやアートディレクターなどデザインに携わる方の参考になること間違いなし。また、ポートフォリオサイトを制作される方もぜひ。
時間があれば、「PORTFOLIO」にあるwebサイトやTVCMも見てください。サイトの効果音やCMの音楽も必聴です。

SEAGULLS FLY

 

クリエイティブなメッセージサービスを紹介

クリエイティブSites | クリエイティブなメッセージサービスを紹介 はコメントを受け付けていません。

最近、webサイトを介してメッセージを送るサービスをよく目にするようになりました。その中で今日は3つのサービスを紹介します。

折り紙メール
新しいけどなつかしいがコンセプトのサービスです。様々な色や柄の紙を選び、絵を描いたり、文字を入力することができます。そして最後には好きな形に折ってメッセージを送信。受け取った人は開いて中身を確認するという仕組みです。スーパーのくじなど販促ツールとしても使えそう。運営は京都のweb制作会社エクザム

 

ラベコミ
ミシンで有名なbrotherが運営しているサイト。いろんなことやってるんですね。上の折り紙メールによく似ているのですが、ここでは作成したメッセージを保存したり、自分のの写真にメッセージを貼付けたりする機能があります。

 

COKE ZERO
世界的に有名な広告制作会社 Crispin Porter + Bogusky がCOKE ZEROのキャンペーンで制作したサイト。アメフトの選手のタッチダウン後のダンスを振りつけて、それにメッセージを添えて送信できます。選手の顔の部分には、自分の写真を貼ったりもできます。

 

weblin(ウェブリン)でコミュニケーション

クリエイティブSites | weblin(ウェブリン)でコミュニケーション はコメントを受け付けていません。

「おー、すごい!」とひさびさに驚かされたコミュニケーションツール weblinは、ドイツ生まれの新しいwebサービスです。

weblin(ウェブリンって?
weblinをインストールしてgoogleに訪れたとします。
すると画面(ブラウザ)下の方に自分が選択したアバターが表示されます。そしてそのとき同時にgoogleを見ている見ず知らずのユーザーのアバターも表示されています。
ぼくはそのユーザーに話しかけることはもちろん、プロフィールを見たり、mixiのように友達になったりもできるんです。

百聞は一見にしかず、チュートリアルをご覧ください。

技術的なことは分からないのですが、この発想は既存の枠組みに捉われていたらなかなか出てこないと思いました。

これまでmixiでプロモーションを行ったりする企業がありましたが、これからはweblinでも増えてくるのではないでしょうか。

和菓子を扱っているなら、和菓子を扱うポータルサイトにweblinを常駐させておいて、ユーザーの方を自社サイトに連れてくるなど、アイデアしだいで広告やプロモーションもどんどん活用できそうです。

webデザイナー・プランナー、またクリエイティブに携わっている方はぜったい押さえておきたいサービスですよ。

weblin(ウェブリン)

 


 2008年度のグッドデザイン大賞が決定しました。
大賞はトヨタの自動車「iQ(アイキュー)」です。
ベスト15の中で個人的に好みのデザインは、リコーの黒いデジカメです。
皆さんはどうですか?

「グッドデザイン賞」webサイトに訪れたことのない方はぜひ行ってみてください。注目は「グッドデザインファインダー」というコンテンツ。1957年度からの受賞作品を検索することができます。

デザイナーの方はもちろん、webサイトも応募対象になっているので、webデザイナーの方にもためになると思います。

・グッドデザイン賞

グッドデザイン賞

 

「Amazon Windowshop」はアマゾンが開発しているユーザーインターフェイスです。
ユーザーは、下に並べられたアイテムを俯瞰しながら選択できます。実際にサイトに訪れてみると予想以上にスムーズな動きに驚きました。これまでにもflashを使った、似たようなデザインはありましたが、ここまで機能的なのはなかったと思います。

このインターフェイスはタッチパネルで動かすのが向いている気がします。モバイルではiphone以来、タッチパネル端末が多く出ていますが、これからはデスクトップPCにもどんどん搭載されそうです。

webのスピードを考えると、自分のサイトに導入できる日はそう遠くないのでは。そうなったら今まで以上に様々な表現が可能なりそう。webデザイナーの方は腕の見せ所ですね。

・Amazon Windowshop Beta

アマゾンwindowshopping

 

株価が下がった影響で、新卒の学生求人も売手市場から一気に就職難へという話が。転職を考えている人にも厳しい状況になるかもしれません。

バブル時の人事部のことを書いた高杉良さんの本を読んだのですが、
当時は企業が学生に接触してよい時期の前から、人事部は全国の一流大学の
研究室を行脚し、教授を接待したり、何百万と研究費を補助したりして、
競って優秀な学生を確保していたんだそうです。(今もあるんかな?)

最近では、リクナビなど転職サイトでの募集に加えて、企業は自社のwebサイトでも工夫をこらしたコンテンツで学生の気持ちをつかもうとしていますね。

で、今日紹介するのはmixiの新卒サイト。
入社してから面白い仕事が待っていることを想像させるようなポップなデザインとmixiのマイミクをうまく使った構成になっています。これなら新卒でweb系の仕事を探している人は、一度入社試験を受けたいなって気になりそうです。

web系で企画をしている方やwebデザイナーの方には参考になるかも。

 

・mixi2010年度新卒採用情報「ミクシィを創る人」

mixiの新卒採用

 

Next Page →