宣伝会議発行「ブレーン」誌上で行なわれているC-1グランプリは、コピーライターで転職や就職を考えている方にとってはよい力試しの場だと思います。応募している方々も電通や博報堂など大手広告代理店や制作会社に働いている人が多くいるのでその中で選ばれたらきっと自信になりますよね。

毎月1日誌上で、その月のお題が発表され、それに対して考えたキャッチフレーズをwebサイト上から最大3つまで申し込めます。これまでで、ぼくが覚えている課題は下の課題です。(うるおぼえ、間違えてたらスミマセン)

  • 絵本の帯に書くコピー
  • 日本人が結婚をしたくなるコピー
  • 外国人が英語を勉強したくなるコピー
  • 21世紀のプロポーズ

それで、今月の課題は、新しく宣伝会議が発行する雑誌のコピーです。詳しくは雑誌で確認してください。

c-1granprix

 

ちょっと前に宣伝会議賞の記事を書いて思い出したんですけど、ぼくの大好きな関西出身の作家でコピーライターでミュージシャンの中島らもさんも宣伝会議の講座に通ってたんですよね。著作の中で、人生かかってるから他の生徒に比べて気の入れようが違ったとか、目立つためリーゼントに革ジャン着て最前列にいつも座ってたとか、講義の課題で何かエッセイ書いてこいと言われたとき、トンボの複眼のことを主題にしたら講師の方に目をかけられたとか(それが電通の師匠やったかな)。

 詳しくは中島らも-wikipedia

それで、今日紹介するクリエイティブ動画は「らもチチの魔界クルーズ」。 yusenやったかな、FMか。伝説のラジオです。直接求人には関係が無さそうですけど、間接的に効きそうです。サブリミナルに。出演は、中島らもさん、チチ松村さん、山内圭哉さんです。

【ニコニコ動画】【中島らも】 らもチチの魔界ツアーズ 【チチ松村】

最後に、ぼくの好きな中島らもさんのコピーをひとつ。

尼崎市制70周年記念(コピー)
「ぼくがすきな まちをすきな きみがすき」

当サイトの面接・試験に挑む前にでも説明していますが、希望の会社へ転職を決めるには、自分の実力をしっかり伝えることが大切です。口べたなので、面接でアピールできなかったと後悔しないよう、気合いを入れてポートフォリオを作りましょう。

コピーライター、アートディレクター、webデザイナーといったクリエイティブな職種ならなおさら、クライアントにするように、自分自身も演出しないといけません。最近、企業は書類選考でwebサイトやブログのURLが書かれていたら、必ずアクセスし採用の判断材料にするということを聞きました。みなさん、これをいかさない手はありません。webサイトを存分に利用して、ライバルに差をつけましょう。

経歴や実績では、ちょっと手が届かないから書類選考で落ちるかもと思っている会社でも、案外面接に呼んでもらえたりします(体験談)。webサイトを一から作れない人は、このサイトのように無料でCMSが使えるサービスを見つけるといいと思います。

ということで、今日はお気に入りのポートフォリオサイトを一つ紹介します。これは外国の方のサイトなのですが、自分を演出するといった点ではすごく優れていると思います。デザインは、ナビゲーションにネクタイをあしらっているところがシャレているし、「Skills」では能力を星で表していてすごく分かりやすいです(日本人やったら謙遜して星を少なくしてしまいそう)。ぜひ参考にしてくださいね!

donmckenzie (http://www.donmckenzie.ca/)

 

転職・就職を考えているなら、常に最新のクリエイティブ業界事情を知っておかないといけません。今日はそれに役立つwebサイトをいくつか紹介します。

広告会議http://blog.kokokukaigi.com/
有名サイト。管理されている方はアルファブロガーの1人です。webを中心に日々最新の広告界の情報が更新されています。サイトもシンプルで見やすいです。

POLAR BEAR BLOGhttp://akihitok.typepad.jp/blog/
これも有名サイト。最新のwebサービスや管理者の感じられたことが書かれています。よくこうも毎日更新されているものだと感心します。プロフィールには某大手企業の子会社で経営コンサルをされているとあります。ほかにもブログをもっておられるのにどんな時間の使い方をされてるんやろ。

広告βhttp://kokokubeta.livedoor.biz/
上2つはwebが中心でしたが、このサイトは既存の広告についてもよく書かれています。大手代理店の裏話なんかがあったり、広告に対する鋭い洞察があったり。恥ずかしながらぼくにはすこし難しいところもあり、ちゃんと理解しているかと言われれば、まだまだ勉強が必要だなというところですが、大変実になるサイトです。 とりあえず今日は3つです。これらを毎日読んでたら、就職活動であるかもしれない面接官の広告の最新動向に関する質問にもスラスラ答えられるはず。

 

昨日、宣伝会議の記事を書きましたけど、それに関連して。

宣伝会議にはコピーライター養成講座など、有名なクリエイターを講師として迎えている 有益なセミナーがありますが、京都で行なわれている京都広告塾もそれに勝るとも劣りません。

(京都広告塾) http://www1.neweb.ne.jp/wa/academy/koukoku.html

講師の方(敬称略)を挙げると 佐藤卓、谷山雅計、中島信也、佐々木 宏、大貫卓也、前田知巳、 佐藤可士和、山崎隆明、仲畑貴志、児島令子など ゲストには、 みうらじゅん、秋元康、リリーフランキー、安斎肇、山田五郎、おちまさとなど 豪華豪華。

クリエイターとしての視野を広げたい、就職活動中で広告業界をのっと知りたいと思っておられる関西在住の方はぜひぜひ参加してください。

第一線で活躍してる人の話を生で聞くって、本で読んでるの、テレビで見てるのとやっぱり違うんですよね。 ぼくも昔、パペポっていう鶴瓶さんと上岡さんがやっていたテレビを観覧しにいったとき、この人ら、手ぶらで出てきて、百人くらいのお客さんを二時間飽きさせへんってすごいなー、と感動したのを覚えています。

的外れな体験談だったら申し訳ないですけど、京都広告塾、将来が開ける一つの手段かもしれません。

第46回宣伝会議賞の応募受付が開始されましたね。
今就職活動中のコピーライターやCMプランナー方は力試しに是非。
若手の人は、こんな課題でこんな広告を考えましたと、ポートフォリオに
載せられますし、自分をアピールできるチャンスです。

ぼくが思うに、この宣伝会議賞を受賞するには、傾向があります。
本気で狙うなら、過去の受賞作品が載っている本を読んで、
企画を練ってみてはいかがでしょうか。

>>第46回宣伝会議賞

亡くなってしまったけど、クリエイティブの象徴ですよね。
この動画でも、コピー書いてる人やったら共感するところ多いと思います。
中島らもさんは「日広エージェンシー」でコピーライターでした。
小説もエッセイも本当に面白いですよね。

(中島らもの必勝コピー塾1/2)
http://jp.youtube.com/watch?v=ygFP78_5z24

(中島らもの必勝コピー塾2/2)
http://jp.youtube.com/watch?v=Bn5lqiNI8F0

この動画、広告やマスコミ関係を志すなら、きっと役に立ちますよ。
これからのメディアがどうやって収益を上げていくのかなどなど。
ニコニコやからログインしてもらわないといけないかも。

【ニコニコ動画】【水道橋博士×宮崎哲弥】 テレビの未来 1/2
【ニコニコ動画】【水道橋博士×宮崎哲弥】 テレビの未来 2/2

ここは関西のクリエイティブ職への就職を考えておられる人へ、多くの選択肢を提供できればと運営しているサイトです。 管理者は、30才前後の2人です。自らの経験も活かして、効率のいい転職や、自分にあった会社を選ぶ方法を訪問された方に知っていただけるよう更新していくつもりです。 いろいろ失敗してるところあると思いますが、どうぞひとつよろしくお願いします。

ご要望・削除依頼は、ここのコメント欄(Leave a comment)にお願いします。
コメントは管理人の承認後、サイトに反映されます。